スキンケア情報

貴重な美肌成分となるコラーゲン

美肌を気にされている方の大半が、「コラーゲン」という言葉を聞いたことがあると思います。このコラーゲンというのは、たんぱく質の一種であり繊維状の構造を作るという性質を持っています。私たち人間の体にこのコラーゲンと言われるものは存在をしており、皮膚や筋肉、骨、内臓などさまざまな部分にあるのです。

コラーゲンという言葉に敏感な方は、お肌のことを気にされる方が多いと思いますので、ここでは、お肌とコラーゲンについてお話をしていきたいと思います。

皮膚のどの部分にコラーゲンがあるのかと言いますと、真皮の部分にコラーゲンは存在をしています。真皮の70%近くがコラーゲンだと言われているのです。コラーゲンという物質は、繊維質でゴムのような弾力を持っていますので、お肌というのは指などで押しても元の状態に戻りますし、多少の伸び縮みをすることが出来るのです。ただ、コラーゲンという物質は、紫外線によるダメージや加齢によって劣化をしてしまい、ゴムのような弾力が徐々に失われてしまい、弾力がなくなってしまうのです。

コラーゲンというものは細胞ではありませんので、新しく生まれ変わるということが出来ません。線維芽細胞という細胞からコラーゲンは作られるのですが、役目を果たして使えなくなったコラーゲンは酵素などによって分解をされてなくなるようになっています。古くなった角質細胞が28日周期で新たなものに入れ替わる表皮とは違い、真皮のコラーゲンは作り出されて代謝するのに2~6年近くもかかってしまうのです。お肌のハリや弾力を維持するのに必要なコラーゲンは、非常に貴重なものだということがお分かり頂けると思います。

コラーゲンは死ぬまで絶えず作り続けられるというものではなく、40代を過ぎたあたりからほぼ新しいコラーゲンは作られなくなるといっても過言ではりません。そのため、40代以降はコラーゲンの量が減り、弾力などが失われてシワやたるみを引き起こしやすくなるのです。

 

2014-10-13 05:59 | Comments(0) | Trackback(0)

 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 11ページ中1ページ目