aristocraticshop.com

貴重な美肌成分となるコラーゲン

美肌を気にされている方の大半が、「コラーゲン」という言葉を聞いたことがあると思います。このコラーゲンというのは、たんぱく質の一種であり繊維状の構造を作るという性質を持っています。私たち人間の体にこのコラーゲンと言われるものは存在をしており、皮膚や筋肉、骨、内臓などさまざまな部分にあるのです。

コラーゲンという言葉に敏感な方は、お肌のことを気にされる方が多いと思いますので、ここでは、お肌とコラーゲンについてお話をしていきたいと思います。

皮膚のどの部分にコラーゲンがあるのかと言いますと、真皮の部分にコラーゲンは存在をしています。真皮の70%近くがコラーゲンだと言われているのです。コラーゲンという物質は、繊維質でゴムのような弾力を持っていますので、お肌というのは指などで押しても元の状態に戻りますし、多少の伸び縮みをすることが出来るのです。ただ、コラーゲンという物質は、紫外線によるダメージや加齢によって劣化をしてしまい、ゴムのような弾力が徐々に失われてしまい、弾力がなくなってしまうのです。

コラーゲンというものは細胞ではありませんので、新しく生まれ変わるということが出来ません。線維芽細胞という細胞からコラーゲンは作られるのですが、役目を果たして使えなくなったコラーゲンは酵素などによって分解をされてなくなるようになっています。古くなった角質細胞が28日周期で新たなものに入れ替わる表皮とは違い、真皮のコラーゲンは作り出されて代謝するのに2~6年近くもかかってしまうのです。お肌のハリや弾力を維持するのに必要なコラーゲンは、非常に貴重なものだということがお分かり頂けると思います。

コラーゲンは死ぬまで絶えず作り続けられるというものではなく、40代を過ぎたあたりからほぼ新しいコラーゲンは作られなくなるといっても過言ではりません。そのため、40代以降はコラーゲンの量が減り、弾力などが失われてシワやたるみを引き起こしやすくなるのです。

 

2014-10-13 05:59 | Comments(0) | Trackback(0)

 

重要な役割を担う基底層

お肌は表皮、真皮、皮下組織の3つの層に大きく分けられているのですが、それぞれの層も細かい層が重なることによってつくられています。皮膚の層の中で最も外側にある表皮のうち、真皮との境目にある深い部分の層のことを「基底層」と言います。基底層では、新しい表皮細胞を作り出す工場のような役割を担っています。お肌を美しく保つために重要と言われるターンオーバーですが、お肌の生まれ変わりのスタート地点となるのがこの基底層だと言われています。

基底層ではどのようにして新しい表皮細胞を作り出しているのでしょうか。細胞を作り出すために必要な栄養分と酸素を、基底層では血液から受け取ることが出来るようになっており、栄養分と酸素を受け取って新たな細胞の形成を行なうのです。ダイエットや喫煙などで、栄養不足や血行不良を起こしていると、お肌が荒れることがあると思います。これは、表皮細胞を作り出すために必要な栄養分と酸素が十分に確保することが出来ず、ターンオーバーが乱れてしまっているからなのです。

真皮との境目にある基底層は、強い膜のようなものとなっており、真皮を守るという役割も担っています。表皮の部分は、ターンオーバーによって新たな皮膚がどんどんと作られますので、傷をつけてしまっても元通りの綺麗な皮膚に戻ります。しかし、真皮はターンオーバーを行ないませんので、1度傷付いてしまうとその傷は一生皮膚に残ることになります。皮膚に傷を残さないよう、真皮までダメージが到達するのを防いでいるのが基底層なのです。

 

基底層の部分には、「メラノサイト」も存在をしており、メラノサイトによってメラニン色素が作られます。基底層の部分でメラニン色素が作られるのは、真皮にまで紫外線が届かないようにブロックの役割をしているとも言われています。基底層という部分は皮膚にとって非常に大切な部分ではあるのですが、年齢と共に基底層の働きは弱くなっていきます。そうなってしまうと、真皮部分にまで紫外線が到達をしてしまい、メラニン色素が真皮部分にまで落下をしてシミとなって表に出てきてしまいます。

加齢と共にシミが出来やすくなるのは、基底層の働きが弱くなるのも1つだと言われています。

2014-10-13 05:59 | Comments(0) | Trackback(0)

 

健康なお肌を維持するために必要なセラミド

角質層が持つバリア機能によって、私たちのお肌は外部の刺激から守られ、水分量を一定に保つことが出来ているのですが、このバリア機能は皮膚内の「セラミド」の量によって、弱まったり強まったりすることが分かっています。角質層にある角質細胞とセラミドというのは、レンガとセメントのような構造になっています。角質細胞がレンガでセラミドというセメントによって、それぞれの角質細胞が繋がっている状態だとイメージをするといいでしょう。

セラミドというのは角質細胞間脂質というもので、コレステロールのようなものを原料にして表皮細胞で作られます。角質細胞間脂質には色々な脂質が混ざっているのですが、40%程度がセラミドだと言われています。残りの60%は、スフィンゴ脂質や遊離脂肪酸といった他の脂質で構成をされています。セラミドを中心とした角質細胞間脂質が水と結合をすることにより、皮膚内の水分量を一定に維持することが出来たり、外的刺激からお肌を守ることが出来るのです。

角質層はセラミドの力によってしっかりと角質細胞が積み重なっているものなのですが、セメント部分のセラミドなどが不足をしてしまうと、角質細胞同士がしっかりとひっつかなくなってしまい、ぐらつきが出てきたり、剥がれ落ちるといったことが起こってしまいます。そうなると、皮膚内の水分が蒸発をしてしまいますので、水分量が低くなって皮膚が乾燥をして粉をふいた状態になってしまうのです。バリア機能も弱まってしまいますので、外部の刺激を直で受けることも増え、今まで何ともなかった化粧品や洗顔料などがしみるようになってしまったり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

セラミドというものは、角質細胞を正しい配置で維持する非常に大事な存在で、それによって皮膚の水分量を一定に保ったり、外部の刺激から守ってくれていることから、お肌にとってはなくてはならないものと言えます。

しかし、セラミドは年齢と共に作られる量が少なくなってくると言われており、年齢を重ねるにしたがってお肌が乾燥をしたり、肌トラブルが増えるようになるのです。

 

2014-10-13 05:57 | Comments(0) | Trackback(0)

 

角質層が持つバリア機能

私たちの皮膚には不思議なことがたくさんあります。皆さんは、化粧品はお肌に浸透をするのに、洗剤を使ってもそれがお肌に浸透することがないのを、不思議に思ったことはありませんか?もし、洗剤がお肌に浸透をするようなことがあれば、素手で洗剤を触るようなことが出来なくなってしまいます。なぜ、こういった状況になるのかと言いますと、お肌の角質層に「バリア機能」というものがあるからなのです。

角質層と呼ばれる部分は、お肌の部分でも最も表面にある皮膚で、細胞として死んでいる角質細胞が存在をしています。角質層の厚みは0・02ミリと非常に薄くいのですが、その薄い細胞の膜によって皮膚に直接触れるさまざまなものからお肌を守っているのです。単に外部からくるものに対して防衛を行なうだけでなく、皮膚内部にある水分を外に出させないようにする役割も担っているのです。

健康な状態の角質層であれば、角質細胞という死んだ細胞ではありますが、セラミドという保湿成分を作り出すことが出来ることから、30%近くの水分を含んだ状態になっています。

もし、この水分量が減ってしまうと、触るとカサカサしてしまう乾燥肌になってしまいます。

水分量が少なくなって皮膚が乾燥をしてしまうと、不健康な状態の角質層になってしまいますので、バリア機能の力も低下をしてしまいます。

バリア機能が低下してしまうと防衛力が弱くなりますので、外からの刺激を受けやすくなり、これまでは何ともなかったちょっとした刺激にも皮膚が反応をしてしまうようになります。

小さな刺激にも反応をしてしまうお肌のことを敏感肌と言うのです。

敏感肌になると、化粧品によって炎症や痒みなどが出るようになったり、髪の毛や洋服が擦れただけで痒くなってしまうなど、さまざまな症状が起こるようになります。


●核
生き物の細胞には1個ずつの「核」というものが存在をします。核は核膜という膜に覆われており、その中にDNAを含む染色体が入っているのです。この核が細胞内にあるかどうかで、細胞が死んでいるかどうかを見極めるのです。角質細胞は死んだ細胞ですので、核がないということになります。

2014-10-13 05:57 | Comments(0) | Trackback(0)

 

皮膚のターンオーバー

「ターンオーバー」という言葉は、美肌を意識されている方でしたら必ず聞いたことがある言葉だと思います。このターンオーバーを美容の分野では、お肌の生まれ変わりのことを言います。私たちの皮膚は何層もの構造になっているのですが、このターンオーバーで言う生まれ変わりは、私たちが手を触れることが出来る部分である表皮の生まれ変わりのことを特に指します。

表皮の中でも最も奥にある基底層の部分で表皮細胞が新しく作られ、28日周期で角化して角質細胞と呼ばれるものになり、その後垢として皮膚から剥がれ落ちていきます。この一連の流れのことをターンオーバーと呼んでいるのです。

ターンオーバーは、人によって若干の違いはあるものの平均をして28日周期で行なわれることから、表皮細胞は常に入れ替わりを続けているということになります。怪我をしても傷跡が残ることなく元の状態に戻るのは、怪我の傷が表皮部分にまでしか至っておらず、ターンオーバーによって新しい表皮細胞に入れ替わったからなのです。

怪我をして傷跡が残ってしまうこともあるでしょう。これは、傷が表皮だけでなく真皮にまで達してしまっているからなのです。真皮はターンオーバーを行なうという機能が備わっていませんので、皮膚の細胞が生まれ変わるということがないため、1度できてしまった傷は消えずに痕として残ってしまうのです。

紫外線を浴びてしまうとシミに繋がると言いますが、傷のようにシミの原因となるメラニン色素が表皮部分にあるか真皮部分にあるかによって、シミになるかどうかを二分することになるのです。表皮であれば、メラニン色素ができたとしてもターンオーバーが行なわれますので、シミができるまでに至らないのです。これが真皮までメラニン色素が到達をしてしまうと、そのまま真皮内に残ることになりシミという形で表に出てきてしまうのです。

ターンオーバーは、美しいお肌を維持するためには非常に重要なのですが、年齢と共にターンオーバーに遅れが生じてしまうと言われています。表皮の傷やシミを残さない本来のターンオーバーのサイクルが28日周期なのですが、これが40代になると40日周期までに遅れてしまうのです。ターンオーバーが遅くなってしまうと、皮膚の再生機能が低下してしまいますので、傷が治りにくかったり、表皮のメラニン色素もシミに変わってしまうことがあるのです。

ターンオーバーによって古くなった角質層が剥がれ落ちるものなのですが、そのサイクルの長さが長くなってしまうと、角質層がどんどんと蓄積されて分厚くなってしまい、お肌が固くなる、透明感がなくくすみが見られるようになる、乾燥しやすくなる、小ジワが増える、といった肌トラブルが起こるようになってしまいます。

年齢を重ねると肌トラブルが増えていくものですが、これはターンオーバーのサイクルが遅くなるということが大きく関係をしているのです。

◆表皮がターンオーバーを行なうしくみ


1.基底層で「表皮細胞」が作られる。

2.基底層で作られた表皮細胞が上へと進んでいき、「角質細胞」に変化する。

3.角質細胞は死んだ状態なので、不要になったものは「垢」になり皮膚から剥がれ落ちる。

2014-10-13 05:53 | Comments(0) | Trackback(0)

 

真皮部分の細胞について

真皮部分に存在する細胞などを1つずつ詳しくご説明をしていきたいと思います。

●コラーゲンとエラスチン
美肌を意識されている方でしたら、この言葉を聞いたことがないという方はまずいらっしゃらないでしょう。コラーゲンというものは、真皮の主成分になるもので、お肌の弾力に大きく関係をしてきます。コラーゲンは線維芽細胞という細胞から作り出されて、役目を果たした古いコラーゲンは酵素などによって分解をされなくなります。真皮内で網目状に張り巡らされているコラーゲンですが、それを支える役目をしている繊維がエラスチンというものです。

コラーゲンとエラスチンは、年齢と共に減少をしていき、シワの発生を加速させると言われています。

シワを気にされる方が、よくコラーゲン配合の化粧品を使用しているのを見かけますが、化粧品に含まれるコラーゲンというのは真皮にまで浸透をしませんので、あくまでも保湿の役割があるだけでシワの改善にはならないということを知っておかなければなりません。

●ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質で、真皮に張り巡らされているコラーゲンとエラスチン隙間を埋める形で存在し、お肌の弾力を支えています。

ヒアルロン酸というのは、水分を含む力が強いという特徴がありますので、ヒアルロン酸の量が多ければ多いほど、水分が豊富にあるみずみずしいお肌となり、コラーゲンとエラスチンもしっかりと定着をすることから、弾力のあるお肌を維持し続けることが出来るのです。

真皮にあるヒアルロン酸も、コラーゲンやエラスチンと同様に、年齢を重ねると徐々に減っていきます。それによって、真皮の水分を維持することも出来なくなり、徐々に水分量が減っていくことになるのです。生まれたての赤ちゃんのお肌は、ヒアルロン酸が最も多くある状態と言えます。 ですので、赤ちゃんのお肌は、大人にはないみずみずしさや弾力があるのです。

ヒアルロン酸という物質は、真皮だけではなく腕や足の関節にも存在をしています。ヒアルロン酸の特徴であるゼリー状の物質が、潤滑油の働きをして関節をスムーズに動かすことが出来るようになっているのです。また、目の潤いというのも実はヒアルロン酸の働きによって、水分量を保つことが出来ているのです。ヒアルロン酸は、私たち人間の体のあちこちに存在をし、水分量を維持するために働いてくれています。ただ、年齢と共にヒアルロン酸の量は減っていってしまい、これを化粧品や食品などで補うことは不可能だといわれています。このヒアルロン酸の減少により、肌トラブルや関節痛などのさまざまな異常が起こってしまうのです。

●線維芽細胞
上記で説明をした真皮の主な成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を作り出す細胞が線維芽細胞と言われるものです。

●皮脂腺
皮膚がベタベタと脂ぎってしまうという悩みを抱えておられる方が多いのですが、そのベタベタの原因は皮脂と呼ばれるものがあるからなのです。皮脂は皮脂腺から分泌が行なわれます。皮脂腺で皮脂がつくられ、毛穴の中に分泌をされて、毛から肌の表面部分に出てきて、私たちは皮脂を感じてしまうのです。その皮脂の成分というのは、脂肪酸系物質が40%、ロウ類が25%、スクアレンが10%程度の割合になっています。

●汗腺
私たち人間の体には、全身にわたって汗を分泌する細胞の汗腺というものがあります。汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、それぞれの汗腺から出る汗には違いがあります。

2014-10-13 05:52 | Comments(0) | Trackback(0)

 

【B】真皮とは

スキンケアの際に非常に重要になってくる部分の1つである真皮ですが、表皮のさらに奥の部分にあり、真皮の70%近くがコラーゲンと呼ばれる繊維質で出来ていると言われています。

コラーゲンというものは、網目状に真皮の部分を張り巡らしており、お肌の弾力というものをつくり出しています。

コラーゲンが真皮の部分に定着するよう、エラスチンと呼ばれる繊維が支える役目を担っています。

 

コラーゲンとエラスチンの2つの繊維が老化を起こしてしまうと、弾力がなくなってしまいますので、シワという形でお肌の表面に出てきてしまいます。

それに加えてヒアルロン酸というゼリー状の物質が、コラーゲンとエラスチンの繊維を埋め尽くすように存在をしており、真皮の水分量を維持しているのです。

これらの働きがあることにより、水分量が70%近くも真皮にはあるのです。

 

ですので、美肌を維持するためにシワを防ぎたいという方は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を含んだ化粧品を使用されるのです。

真皮部分は、お肌を美しく保つうえで非常に重要な部分と言えます。

2014-10-13 05:50 | Comments(0) | Trackback(0)

 

【A】表皮とは

皮膚の構造の中でも私たちが触れることが出来る表面の部分のことを、表皮と言います。スキンケアについて話をする際に、よく「角質」という言葉を聞くと思うのですが、この角質と言われるものも表皮の一部になっています。

表皮は実は二重構造になっており、角質細胞と呼ばれる死んだ細胞が剥がれ落ちずに残っている部分の角質層と、表皮細胞と呼ばれる生きた細胞の層とで構成されています。この2つの層について、以下で詳しく説明をしていきます。

 

角質層と呼ばれる部分は、表皮の中でも最も表面部分にある層で、表皮細胞が死んだ角質細胞というもので作られています。

死んだ細胞であることから水分量は30%と少ないのですが、お肌に直接触れるものから皮膚を守ってくれる役割を持っていたり、皮膚の水分蒸発を防ぐなど、バリア機能として活躍をしてくれているのです。角質細胞は死んでいる細胞ですので、新たな角質細胞が生まれるにしたがって垢となって剥がれ落ちるようになっています。

 

生きた細胞である表皮細胞の層は、細胞としての機能を果たしており、外部から受けた刺激を神経などに伝達をしたり、アレルギー反応を起こして体に危険を示したりということを行ないます。

生きている細胞ですので、水分量は65%程度と同じ表皮の中でも角質層よりはるかに上回る数値となります。

表皮の厚さというのは0.2ミリ程度と非常に薄くなっており、約28日周期で生きている細胞である表皮細胞が死んで角質細胞へと変わります。

この一連の流れのことを「ターンオーバー」と言い、スキンケアの話をするうえでこのターンオーバーは非常に重要になってきます。

ターンオーバーの周期は、年齢を重ねると乱れるようになると言われており、ターンオーバーが正常に行なわれなくなると表皮の層が薄くなってしまうと言われています。

 

新しい表皮細胞はどのようにして作られるのかと言いますと、表皮の中でも最も深い部分にある基底層というところで作られます。

基底層は、表皮細胞以外にもメラニン色素を作り出すメラノサイトというものもあります。

メラニン色素は、シミやソバカスの原因になるもので、紫外線に皮膚が反応をすることによってメラノサイトがメラニン色素を作り出すと言われています。

2014-10-13 05:50 | Comments(0) | Trackback(0)

 

皮膚はどのように形成されているか

私たち人間の皮膚というものは、表皮、真皮、皮下組織といった3つの構造でつくられています。美しいお肌を維持するために女性は特にスキンケアを頑張りますが、スキンケアを行なう際に特に気にしなければならない部分、それは表皮と真皮の2つです。

ここでは、そのA:表皮とB:真皮について、詳しくみていきたいと思います。

2014-10-13 05:45 | Comments(0) | Trackback(0)

 

まずはお肌のしくみを知っておこう

お肌が荒れた状態になると、すぐに今使っている化粧品から他の化粧品に変えてしまう方が多いのです。しかし、そういった方というのは、お肌のことをきちんと見ることが出来ておらず、お肌にとって何がいいのか、ということを理解しておられないと言えるでしょう。
皆さんは、自分のお肌がどのようなしくみになっているかをご存知ですか?植物や動物を育てる際、育てる植物や動物の性質や特徴などを知っておかなければ、きちんと育てあげることは出来ませんよね。

それと同じで、お肌を綺麗に維持し続けたいのであれば、お肌がどういった性質でどういった特徴を持っているのかを知っておく必要があるのです。お肌のことをきちんと理解出来れば、今のお肌にとって何が必要なのか、何をお肌は欲しているのか、ということが分かるようになります。お肌が何を求めているのかが分かるようになれば、お肌のことで悩むようなことはなくなるでしょう。

2014-10-13 05:43 | Comments(0) | Trackback(0)

 

<< 1 2 >> 2ページ中1ページ目